悪い噛み合わせのままだと顎関節症に!


顎関節症は様々な原因で起こると言われています。
そのなかでも主な原因に挙げられているのが噛み合わせの悪さです。
歯や顎は毎日の生活で欠かさず動作していますから、噛み合わせが悪いと顎周りに負担が蓄積してしまいます。
そして、負担に耐え切れなくなった状態になると、顎関節症を発症してしまうのです。
いわば顎が摩耗しているのと同じですから、悪い噛み合わせのまま放置しておいては危険な状態が続いてしまいます。
そこで、少しでも噛み合わせに不安を感じるようなら、クリニックで相談してみましょう。
クリニックでは医師が噛み合わせの状態を確かめながら、どのようなリスクを抱えているのか診断してくれます。
その場で治療の必要性や治療内容も提示してくれますから、早急に症状を改善したい方にも最適です。
歯や顎は一生使っていく部分ですので、少しでも早く治療を行いましょう。
カウンセリングで治療内容の相談もできるため、気になるようなら質問してみてください。

カテゴリー: 悪い噛み合わせが進行すると? パーマリンク

コメントは停止中です。

他にもこんな関連記事があります

    None Found