悪い噛み合わせは顎関節症の危険信号!


悪い噛み合わせに悩んでいるようなら、早めに矯正治療に取り組みましょう。
もし放置したままにしておくと、顎関節症を発症するリスクが生じてしまうからです。
顎関節症と噛み合わせに密接な関係がある理由は、顎関節へ負担が掛かるためです。
顎関節は毎日の食事で必ず使う部位ですから、少しでも噛み合わせがずれていると負担が蓄積してしまいます。
また、噛み合わせが悪くなると、歯並びにも影響を及ぼします。
そこで歯並びが悪くなると、顎のバランスも崩れてしまうのです。
このように仮に噛み合わせが少し悪くなっただけでも、日々の生活を通じてダメージは蓄積してしまいます。
そのため、噛み合わせの悪さを自覚しているようなら、早めの治療を心がけましょう。
専門クリニックでは噛み合わせの矯正治療を行っているので、スムーズにバランスを整える治療が受けられます。
治療前に入念なカウンセリングを行ってくれるので、不安を抱えることなく治療に臨めますよ。

カテゴリー: 悪い噛み合わせが進行すると? パーマリンク

コメントは停止中です。

他にもこんな関連記事があります

    None Found