顎関節症と噛み合わせの関係は? 


顎関節症と噛み合わせには密接な関係があります。
まず、噛み合わせが悪くなることで、徐々に顎の関節もずれてしまいます。
最初はわずかなずれだったとしても、顎関節にとっては大きな負担になってしまうのです。
こうして顎関節の負担が蓄積していくと、顎関節症となって様々な不調が生じてしまいます。
注意すべき点としては、噛み合わせの悪さを自覚していないと顎関節症も無意識のうちに発症してしまうことです。
歯並びが悪い人だと噛み合わせの悪さに気付きやすいのですが、歯並びが正常だと噛み合わせの悪さに気付きにくくなります。
基本的に歯並びが良ければ噛み合わせも悪くはならないのですが、虫歯などで左右のバランスが崩れてしまうと徐々に噛み合わせも悪くなってしまうのです。
そのため、噛み合わせの悪さから顎関節症が進行してしまいます。
痛みや違和感などを感じる前に早めに顎関節症の治療を行って、いち早く不安を取り除けるようにしてください。

カテゴリー: 悪い噛み合わせの治療法は? パーマリンク

コメントは停止中です。

他にもこんな関連記事があります

    None Found