悪い噛み合わせは様々な弊害を巻き起こす!


悪い噛み合わせのまま放っておくと、身体に様々な弊害を引き起こしてしまいます。
まず噛み合わせバランスを失うことによって、全身に悪影響が伝わってしまうリスクがあります。
その理由として噛み合わせが位置する歯の関節は首の頚骨と連動しているためです。
頚骨は人体のセンターラインであり全身の動作を司っています。
つまり頚骨に掛かった負担は全身へと蔓延してしまうため、悪影響のリスクも伝わってしまうのです。
このことから分かるとおり、頚骨に負担が掛かる悪い噛み合わせは放置しておくべきではありません。
場合によっては肩こりや腰痛など予期せぬ症状を引き起こすおそれもあります。
原因不明の肩こりや腰痛となりやすいこともあり、噛み合わせは早く治す方がベターでしょう。
実際に悪い噛み合わせを矯正することで肩こりや腰痛が解消した症例もあります。
もし身体の不調に悩んでいるようなら噛み合わせの悪さを原因として疑ってみると良いでしょう。

カテゴリー: 悪い噛み合わせが進行すると? パーマリンク

コメントは停止中です。

他にもこんな関連記事があります

    None Found