悪い噛み合わせは顎関節症のおそれあり! 


噛み合わせが悪い状態が続くと、顎のバランスも崩れてしまいます。
この原理は顎に伝わる力が均衡では無いからです。
例えば歯の左側のみに力が掛かっている噛み合わせだと、自然と左顎に負担が増えてしまいます。
すると左顎の関節が磨耗してしまうので、顎関節のバランスも失われてしまうのです。
こうして顎関節のバランスが崩れていくと、顎関節症のリスクが高まってしまいます。
顎関節症の原因は様々なものが考えられますが、主な原因となっているのは悪い噛み合わせです。
したがって顎関節症を防ぐためには噛み合わせを改善するのが一番の近道になります。
すでに顎関節症に悩まされている方も同じく、噛み合わせを矯正すれば自然と顎に掛かる負担を減少できます。
顎のバランスを正しくすれば、顎関節症のリスクを回避できるでしょう。
顎関節症の兆候を感じている方も噛み合わせを矯正する治療を受けてみてください。
早期の治療が最大の予防策に繋がりますよ。

ピックアップ

噛み合わせが悪くて悩んでいたらまず読んで欲しいサイト
噛み合わせが悪くて悩んでいたらまず読んで欲しいサイト<br />
悪い噛み合わせに悩まされている方にオススメのクリニックです!噛み合わせを改善して顎関節症のリスクを軽減できます!顎回りを動かすことで痛みを感じる方も噛み合わせの矯正で早めの治療を受けておくべきですよ!

カテゴリー: 悪い噛み合わせが進行すると? パーマリンク

コメントは停止中です。

他にもこんな関連記事があります

    None Found